男女の友情が成り立つ人間関係

男女の友情が成り立つ人間関係について

人間関係のなかで成り立つかどうか常に議論されているのが男女の友情ではないでしょうか?男女の友情というものを成り立つと思っている人思っていない人は常に二分されそれぞれに言い分があるようです。

 

ここでは私の見解とともに、どうすれば成り立つのか考えてみたいと思います。
男女の人間関係は基本夫婦やカップルといった恋愛感情の延長線上に位置づけられるものになります。

 

この関係を飛び越えた男女の友情はどちらかが恋愛感情を持った瞬間崩れ去る危険性があります。また、あまりに仲が良いとどちらかに彼女や彼氏ができるとやきもちの対象となってしまい、人間関係がこじれる場合があります。またそれ以前に人見知りや異性が苦手という人は同性でも友達を作るのがむつかしく、異性の友達というのはハードルが高いのかもしれません。


しかし年齢を重ねてくると意外と簡単に友人なれる異性ができるものです。
学生時代には男女の縛りがきつく意識してしまうことも多いですが、徐々に気の合う友達として性別を気にしなくなっていくのです。男性の意見や女性の意見だけではなく異性にアドバイスが欲しいとき異性の友達は便利ですし、同性同士にはない気楽さもあるかもしれません。お互いに恋人がいれば親身になってアドバイスできるでしょう。


友達というのは段々つくりづらくなっていきます。社会にでてから出会った人は利害関係が絡む場合もあります。以前から知っている友達は貴重な存在です。


現代では恋愛関係にならない異性の友人というのが割と一般的存在するとおもいます。気負いなく付き合うことがポイントですし、恋愛体質の人にはちょっとむつかしいかもしれませんが、貴重な存在になることは間違いないでしょう。

 

学生時代から積極的に作っておくことをおすすめします。案外簡単にできますし、男女入り混じってのグループは同性通しのグループとはちがった盛り上がりになるとおもいます。気の合う異性でしかし、恋愛対象とはならない人を見つけてください。

↑ PAGE TOP