女性ばかりの職場で役立つ人間関係の常識

女性ばかりの職場で役立つ人間関係の常識とは

女性ばかりの職場というのは大変厄介です。この中で生き抜く術を伝授したいと思います。
女性が集まると大体いじめがおこります。

 

そんなに深いものでなくてもなんとなく浮いている人、職場の場合仕事ができない人がターゲットになることがおおいでしょう。これは結構陰湿で男性には気づかれにくいかもしれません。

 

女性はグループや派閥を作りたがるので、決して嫌いな人をそこには入れません。ランチにも誘いません。

女性1 こうした嫌がらせがエスカレートすると上司や先輩の特権を利用して同じ仕事をしていても差別される場合があります。ちょっとしたミスで叱られたり、仕事をさせてもらえなかったりします。このようないじめのターゲットにならないためにはどうすればいいのでしょうか?


まずは目立たないこと。何事も普通が一番です。出る杭はたたかれるのです。こうした目立つ人でもリーダーシップがあり、人から好かれるタイプの人もいます。しかし、女性の妬みは買いやすく、ちょっとしたきっかけでターゲットになってしまします。まずはおとなしくしておきましょう。
そして仲のいい先輩を作っておくこと。

 

新人の場合ターゲットにならないためには必須です。仕事はできなくても頑張っていることをアピールして守ってもらいましょう。強い権力者の保護化に入ればひとまず安心です。


最後は空気を読むこと。これができないと致命的です。女性同士は気をいかに使えるかがポイントです。とくにボス的存在の人の傾向を読み取って合わせていく努力をしておかないと痛い目にあいます。


女性が多い職場というのは本当に疲れます。業務の内容より、まずは人間関係でしょう。職場を選ぶときには男女比を聞くなどこうした事態を回避できるよう調査してください。またこうした状況に置かれてしまったら、できるだけ目立たずいい人と思われるように空気を読んで優しい仲間を増やしていってください。どうしても合わない場合は速やかに転職しましょう。

↑ PAGE TOP